急性胃炎

急性胃炎

胃が痛くなることで知られる胃炎ですが、よく知られている通り、慢性胃炎と急性胃炎の2パターンがあります。
胃炎の原因というのは、胃の内壁を保護する粘膜に炎症が起こっている状態だといえます。
急性の胃炎というのは、はっきりとした原因が判明することが多いのが特徴で、体の内部に原因がある内因性と外部から影響を受ける外因性のものがあります。
外因性急性胃炎になる原因と言われていることは、食べ過ぎや飲み過ぎなどが挙げられます。
飲酒が急性胃炎の原因として可能性が高いといわれ、出血を伴う胃炎になった人の半数は過度の飲酒が原因のようです。
コーヒー、緑茶などの過剰摂取や、香辛料などを必要以上に摂取することも原因になっていることを覚えておきましょう。
また、かかると辛い食中毒も急性胃炎の中に含まれています。
他には、アスピリンなどの投薬が要因となる急性の胃炎もあるようです。
内因性の急性胃炎に関しては、飲み物など体外からの刺激によって起こる外因性の胃炎とは違って、感染症などの合併症として引き起こる急性胃炎のことを表します。
肝臓系の病気や、感染症によって生じる血液中の毒素が原因と考えられています。
急性胃炎の中にはアレルギーが原因となる場合もあり、それらも内因性の急性胃炎に含まれます。
外因性・内因性共に急性胃炎は、痛みが少ないことで知られています。
胃炎の原因となるような食べ物を摂ることで、胃に圧迫感を感じたり吐き気を起こすといった症状が生じます。
胃の炎症が重くなっってくると、みぞおち辺りに痛みを感じます。
他には、頭痛や倦怠感といった症状が出たり、発熱といった症状がみられる場合も少なくありません。
急性の胃炎の場合は、そのほとんどが原因がはっきりしているので、治療しやすいと言われています。
しかしながら、別の病気の症状と重なるケースもあるため、症状の改善が見られないなら、内視鏡による検査が可能な内科できちんと診察してもらいましょう。
胃腸科・消化器内科を受診して、適切な治療を受けることが改善への第一歩です。