胃炎と食習慣

胃炎と食習慣

胃炎の症状を治して、かつ繰り返し起こるということを避けるために、食習慣を変化させることも大切です。
急に起こる胃炎の症状を改善するためには、出来るだけ胃への影響が少ない食事を意識しましょう。
胃に負担のかからない調理法を意識した食事が求められます。
野菜や肉なども、料理の方法を少しアレンジするだけで胃の働きに負担がかからないメニューにできます。
野菜は生よりも加熱調理することで、胃に負担をかけない状態に変わります。
蒸す、ゆでるといった調理方法で作ることができます。
加えて、食材の切り方を小さくすることで胃に与える刺激を減らすことができるのです。
煮物メニューを考える際は、調理を圧力鍋で行なうと短い時間でも煮物をやわらかく調理出来ます。
皮むきが必要な食材を扱う時は、厚めに皮をむくようにしましょう。
食物繊維たっぷりの野菜を使うのであれば、細かな状態になるように切ることを意識しましょう。
肉類などは、脂を落とす工夫をして料理しましょう。
脂肪が固まっている部分は、しっかりと取り除きスジがあればスジも取ります。
肉や魚などの材料は、網を使って焼いたり蒸すことによって脂が落ちるので、胃への負担がないでしょう。
胃の炎症を起こしている人が肉を食べる時は、ひき肉を利用したメニューのほうが胃に優しいでしょう。
フードプロセッサーを使えばひき肉にするのが簡単なので、あると料理の幅が広がります。
また、肉に限らず魚もミンチにすると胃に優しいようです。
油を使った揚げ物料理を食べたい場合には、少ない油で調理するようにしましょう。
衣に油がたくさん吸収されているので、パン粉を使わない揚げ物、唐揚げや素揚げなどを少し食べると胃への負担も少なくて済むでしょう。
食事を正しくコントロールすることが胃炎を治す重要な要素です。