慢性胃炎

慢性胃炎

慢性的に起こる胃炎については、原因の特定が非常に困難だということが特徴として挙げることができます。
胃の内側に慢性的な炎症が起こり、2種類のパターンに分かれます。
1種類目の症状は、特発性慢性胃炎と呼ばれているもので、胃粘膜の部分に炎症しか生じないケースです。
特発性慢性胃炎の症状は、さらにそこから3つのタイプに分かれます。
タイプ別では「慢性萎縮性胃炎」「慢性表層性胃炎」「慢性肥厚性胃炎」というものが、それです。
まず「慢性委縮性胃炎」というのは、胃の粘膜部分に萎縮が起こり薄くなってしまう症状で、胃酸の分泌が正常にできなくなり、無酸症や低酸症などが生じてしまうようです。
「慢性表層性胃炎」というのは、胃炎症状が軽い人に多い症状で、炎症が胃の粘膜の表面部分に起こることを指します。
比較的治りやすいといわれていますが、放っておくと慢性委縮性胃炎に発展することも少なくないので、専門医による治療を受けましょう。
慢性肥厚性胃炎は、胃酸の酸度が高くなる過酸症という症状が発症します。
特発性慢性胃炎というタイプは、原因となる要素が特定しにくく、いくつかの要因が絡み合うことで引き起こされるのではないかと言われています。
胃に刺激が頻繁に与えられたり、自己免疫が原因となるもの、また繰り返し急性胃炎になってしまうことなどが原因となって、慢性胃炎になる人も大勢いるようです。
胃へのダメージが大きいものとしてアルコール飲料やタバコなどが挙げられますが、熱い食べ物をとることも胃粘膜へのダメージが大きいようです。
他に、ストレスも胃へのダメージが大きいことが分かっています。
2番目の胃炎種類として挙げられるのは「随伴性慢性胃炎」というタイプの胃炎で、胃潰瘍や腫瘍などに伴って胃の炎症が起こる症状です。
胃がんや胃潰瘍、十二指腸潰瘍というような症状が発症している際の大半は、胃炎も同時に生じているようです。
自分の胃に慢性胃炎の症状が生じていてもはっきりとした自覚症状がないために、集団検診で発見される場合も多いようです。